ナイトアイボーテ メザイク

自分の力で二重にする方法

 

ナイトアイボーテ他自分の力で二重にする方法

 

一重のひとは、二重のパッチリおめめに憧れます。

 

二重にするためには、どうやったらいいかといろいろ試しているのではないでしょうか。

 

二重にするには一番には整形と思う人もいるかもしれませんが、整形はリスクがあります。

 

費用も高い、二重の幅が気に入った幅になるかわからない、皮膚がはれるかもしれない、二重にしたとしても永久に保つわけではなくメンテナンスが必要になるなどすべてがうまくいくかといわれればそうでない可能性も残されています。

 

そこで、自分で納得の幅を作ることができるものを使い、自分の力で二重にすることができるメザイク使うのはどうでしょうか。

 

 

ナイトアイボーテ大ボタン

おすすめはメザイク

 

自分で二重にするためには、ノリタイプのものや細いテープのような紐(ファイバー)を食い込ませて二重の溝を作るタイプや、夜寝ている間にぬり形をつけるタイプなどいろいろな種類の化粧品があります。

 

そのほとんどは薬局で簡単に手に入れることができます。

 

メザイクはノリタイプではなく食い込ませて二重の溝を作るので、引っ付いていますという感覚はありません。

 

うまく食い込ませることができれば、本物の二重と変わりないように見れますし、うまく化粧をすることができれば作り物の二重とは誰も思わないほどです。

 

 

ナイトアイボーテ大ボタン

メザイクを使うときに注意すること

 

二重にするときに注意するポイントがいくつかあります。一つ目は、付属のピンのようなものでどの幅にするのかを確認して何回かやり癖付けをしておくことです。

 

二つ目はまぶたの汚れをきちんと落としておくことです。

 

汚れをきちんと落としておかなければ、つきが悪く二重になりにくいです。

 

なので化粧水などをするときは、まぶたにはしないことをオススメします。三つ目は、一本だけでは強度や食い込む力が弱いので二本使いをすることです。

 

四つ目は、最後にピンでぐっと押し込んで二重を確実なものにすることです。

 

この四つに気をつけて行うことで本物そっくりの二重を作ることができます。

 

しかし、はじめてやってすぐうまくいくはずはなく、何回も練習が必要です。最初は何回もやり直しをしているとまぶたが荒れたりはれたりします。

 

まぶたは一番柔らかい場所なので優しく扱うことが大切です。メザイクを使い続けることによって癖がつきそのまま本物の二重を手に入れることができるかもしれません。整形が不安な人や、お金が。。。

 

と思っている人には、お手軽にはじめることができる二重を作る活動です。肌が慣れるまでは無理をさせないようにしながら、毎日その日の気分で自分のお気に入りの幅の二重をつくってみましょう。

 

※個人的な工夫です。利用される際は自己責任にてお願いします。

ナイトアイボーテ徹底検証!


ナイトアイボーテトップページ

ナイトアイボーテ徹底検証←トップ記事

ナイトアイボーテについて徹底検証をしています。
口コミや効果をはじめ、解約方法から失敗談、そして公式通販の値段情報など。
ナイトアイボーテ全公開中。